travel memo

海外生活と旅行の備忘録です。(ANA SFC修行, JAL JGC修行, SPGホテルステイなど)

パリで本格的な和食弁当〜Hana Bento

パリに住む日本人の方から聞いたお弁当屋さん、Hana Bento。とある日、疲れてご飯の準備が面倒だったので、初めて買ってみました。お肉料理、焼き魚などのメインと、いくつかのお惣菜が。どれも本格的な和食!

 

肉弁当を買ってみた

メインがお肉料理です。肉弁当って(笑)生魚が食べたい気分だったので、サーモン寿司も付けて観ました。お値段はお弁当が確か12€ほど。日本の感覚でいくと高いですが、物価が高めなパリ&これだけの種類のお惣菜が入っていれば、まあまあでしょうか。

f:id:great_journey:20170801041254j:image

 

UberEATSで頼んでみた

別の日。またしても疲れて食事の支度をする気力がなく、UberEATSを見ていると、Hana Bentoを発見!しかも他の飲食店は注文が来てから調理するので到着まで30-40分なのに対して、Hana Bentoはお弁当屋さんなので、できているものを運ぶだけ!時間はわずか10分!配達エリアで自宅から割と近ければオススメです。

鶏の照り焼きと、鯖味噌を頼んでみました。どちらも美味しかったです。

f:id:great_journey:20170801041213j:imagef:id:great_journey:20170801041216j:image

 

実はパリに数店舗

このお弁当屋さん、私の自宅エリアのお店だけかと思いきや、HPを見るといくつか店舗がありました。ご自宅エリアや勤務先から近い場合、もしくはフランス旅行に疲れて和食がたべたくなった際など、いいかもしれませんね。私が行ったお店は日本語が通じました。通じなくとも目で見れば中身がわかりますし、日本語メニューがお店にもHPにもあるので安心です。次はうどんが気になるところです。イートインもありますし、カフェメニューもあるので、色々使えそうですね。

 

Hana Bento

https://www.hanabentoparis.com/home/

世界一のクロワッサンで朝食を - ロイヤルモンソーラッフルズ

ピエール・エルメでは、チョコレートやマカロン、ケーキだけでなく、パンも展開しています。(って、わざわざ言われなくてもご存知の方もいらっしゃいますよね)

フィガロ誌で「2013 Best Butter Croissants in Paris」に選ばれたのが、そのピエール・エルメのクロワッサン。パン屋さんではないので早朝からお店は空いていないのですが、早く買いに行かないと早めに売り切れる日も。

そんなクロワッサンがなんと食べ放題の場所が。それが、凱旋門の近くにある高級ホテル、Le Royal Monceau, Raffles Paris1(ル ロイヤル モンソー ラッフルズ パリ) 内にあるレストラン。

 

La Cuisine

こちらが、ピエール・エルメ監修の朝食を提供するレストラン。 

f:id:great_journey:20170726043720j:image

この日は日曜日の9:30。早めの時間帯の混雑具合はわかりませんが、できれば予約をしていく方が安心でしょう。f:id:great_journey:20170726043728j:image

メニューはコンチネンタル(44€)とブッフェ(58€)があります。ピエール・エルメのクロワッサン食べ放題はブッフェの方です。「ブッフェで」と注文すれば、あとはお好きに楽しみましょう。飲み物は席で依頼します。ジュースは取りにいけたかもしれません(一緒に席でオーダーしたのでおそらく、ですが)。f:id:great_journey:20170726043736j:image

 

クロワッサンとご対面

ありました〜クロワッサン!そしてイスパハン(右側のパンです)。他にもサラダ、ハム、チーズ、フルーツにヨーグルトなど、一通りのものは揃っています。すべてがオシャレ!場所も高級ホテル、レストランも美しい、それにこの朝食とくれば、とにかく優雅な気分に浸れます。朝から贅沢。なんなら泊まって食べたい。f:id:great_journey:20170726043805j:image

 

ところが…

58€も払っておきながら、一皿食べただけでお腹が膨れるという…。まぁがっつかないのが高級ホテルの朝食。それに残念なことに、こちらの朝食は10:30までのため、9:30に訪問した際にはもう追加で料理が出てこなくなり、二巡目に行こうにもクロワッサンは品切れ。もっと食べたい方は、早めに訪問がオススメです。もしかしたら焼きたてに出会えるかもしれません!?

f:id:great_journey:20170726043815j:image

イスパハンはありましたが、通常のクロワッサンはなくなりました…。f:id:great_journey:20170726043825j:imagef:id:great_journey:20170726043834j:imagef:id:great_journey:20170726043846j:image

この辺りもなくなっています。f:id:great_journey:20170726043906j:imagef:id:great_journey:20170726043916j:image

こちらでは何かを焼いてくれるのですが、それも終了していました。

f:id:great_journey:20170726043925j:image

ホテルに泊まらずとも、たまには高級ホテルでの朝食もいいですね!またどこかのホテル朝食を発見したいと思います。

 

www.leroyalmonceau.com

パリで中国人が集まる中華料理店

フランス人は辛いものが苦手、と聞きます。日本人は割と好きですよね? 食べたくなるんです、辛いものが。そして中華料理が。

 

パリ中の中国人が集まっている?

と言ったら大げさですが、中国人で大繁盛の中華料理屋さんがあります。モンパルナス駅から歩ける距離にある Resto des Amis 友滋友味 です。

男性の店員さんはフランス語、英語が通じますが、女性の店員さんは英語は通じませんでした。お店にかかってくる電話ですら、最初から中国語で話していましたから、きっとお客さんはほとんど中国の方なんでしょうね。

 

美味しかったもの

メニューはフランス語がわからなくても、漢字と写真でなんとなくわかるものも。もちろんわからないものもけっこうありますが…。

特にオススメなのが麻婆豆腐よだれどり。日本では“よだれどり”と言いますが、フランス語or漢字ではたして“よだれどり”と言うのかは不明。いつも写真を見て「これで」とオーダーします。

こちらが“よだれどり”。抜群の蒸し?茹で?具合のとり肉に、食べるラー油のような辛いけれど美味しいタレが最高に合います。パクチーもいいアクセントに。

f:id:great_journey:20170726173428j:image

とある日はナス炒めも試してみましたが、こちらも美味しかったです。

f:id:great_journey:20170726173406j:image

野菜は…。本当は空芯菜炒めなどがよかったのですが、わからずキャベツの炒めものを。BIOスーパーで買うキャベツは硬くて火を通しても食べづらいのに、これは柔らかい!まあまあです。

f:id:great_journey:20170812042256j:image

 

予約は必須

ランチ、ディナー共に本当に混んでいるので、店内で食べる場合は予約必須です。電話はもちろん、HPからも簡単にできます。テイクアウト(フランス語ではplat à emporter / emporter)もできます。今回掲載した写真はテイクアウトで自宅で撮影したもの。フランスのお米はイマイチなので、パリ在住者なら自宅で日本米を炊いて一緒に食べるのもオススメです。テイクアウトもHPから事前オーダーできますね。これは便利!

 

実はこのお店を発見してから、かなりの頻度で訪れています。ここの中華を食べながら、自分は日本人と言いながら、日本食と言いながらも(さすがに麻婆豆腐は日本食とは言わないか)日本人がいかに普段から中華料理を食べているのか、というのを身にしみて感じました。日本に一時帰国した際は、麻婆豆腐の素など中華食材ををたくさん持ってこようと改めて思いました。

 

restodesamis.com