travel memo

海外生活と旅行のメモ。ANA SFC、JAL JGC、SPGマリオットレビュー メインカードはSPG amex

MENU

パリ6区でオシャレなアイス Glacier Pierre Geronimi

スポンサーリンク

素材にこだわり組み合わせも斬新、それでいてオシャレなアイス・シャーベットのお店。

 

f:id:great_journey:20181112190624j:image

 

Pierre Geronimi氏 (ピエール・ジェロニミ)とは?

コルシカ島出身のアイス・冷菓職人。新鮮で品質の良い製品を扱う。例えばバニラはボラボラから、ヘーゼルナッツはコルシカからなど。年間を通して入手できる素材はないとのことで、常に新しいフレーバーを生み出すために最善を尽くしているそうです(店舗により異なる)。

 

コルシカ島はフランスとイタリアの間に浮かぶ巨大な島。人気の島らしく、私の友人のフランス人たちも大好きで、毎年バカンス時期に3週間滞在するという人も。自然が多く(むしろ自然しかない…?)のんびり過ごすのに最適らしいです。ご飯も美味しいんだとか。車がないと移動はできないそうですが確かレンタカーがあったはず。

 

いつか行ってみたい!

 

travel-star.jp

 

 

店舗

現在フランス国内に4店舗(2019年6月現在)。パリ店は6区、リュクサンブール公園すぐそば。サロン・ド・テ併設なので店内でいただいてもいいですし、お散歩や休憩をかねてテイクアウトをしてリュクサンブール公園でいただく、というのもいいですね。

 

ボン・マルシェからも徒歩圏内。観光のついでにも行きやすい立地です。

 

<各店舗住所>

パリ:5 Rue Férou, 75006 Paris, フランス

コルシカ島:Residence de, 20118 フランス

グルノーブル:12 Rue Henri Dunant, 38180 Seyssins, フランス

モナコ:36 Boulevard d'Italie, 98000 Monaco, モナコ

 

 

想像を超えるアイスたち

「アイス」と聞いて思い浮かべるのは、コーンに乗ったアイスや器に盛られたジェラートなど?

 

こちらのお店は単なるアイス・ジェラートなどではなく、美しく完成されたスイーツ。

f:id:great_journey:20181112190504j:image

 

クレープや生クリーム、チョコレートなどを組み合わせてケーキのような仕上がりに。また、アイスを使わない焼き菓子もあったのでお土産やプレゼントにもいいかもしれません。


f:id:great_journey:20181112190450j:image

フレーバーは「トマト・バジル」のようなものがあったり、斬新なものが使用されているものも。季節によって変わるので定期的にチェックしたいところ。

 

f:id:great_journey:20190618114746p:plain

 

「SORBETS & SALADES」という、シャーベットのサラダも。斬新ですね!

f:id:great_journey:20190618114741p:plain

f:id:great_journey:20190618114743p:plain


夏が短いフランス。せっかくなら暑い日にはアイスはいかがでしょうか?アイスだけでなく店内もオシャレで「ザ・パリ」という感じなので、パリ観光でのお茶スポットにもオススメです!

 

 

Glacier Pierre Geronimi

http://glacespierregeronimi.com

 

*一部写真はHPよりお借りしました