travel memo

海外生活と旅行の備忘録です。(ANA SFC修行, JAL JGC修行, SPGホテルステイなど)

フランス・ディジョン旅行① 美味しいランチ!

2泊3日でDijon(ディジョン)へ行ってきました。ここは本当にオススメです!ディジョン名物はエスカルゴとマスタードディジョンも美食の街だそうで、ディジョンでこんなに食事が美味しいのならば、本場(?)リヨンはどんなに美味しいのでしょうか…。リヨンにも行かねば!

 

 

 

パリからの行き方

パリ・リヨン駅からTGVで約1時間半。紛らわしいですが、美食の街のリヨンとは違う、パリのリヨン駅です。我が家は0歳の子ども連れのため、TGVは念のため広い1等車の一番後ろを予約。このディジョン行きは最終目的地がスイス!TGVが快適だったので、電車でスイス旅行もありかなと思いました。

TVGの値段は時間帯によって変動。10時台で片道60€でした。2階建車両でしたが、予約が直前すぎて2階は満席。1階でも景色は十分見えましたので、問題なし。車列は横に2:1席。ひと席が広く、2列並びの真ん中の肘掛をあげれば、親が両脇に座って子どもを真ん中に座らせても余裕がありました。

リヨン駅からの乗車時、旅行者が多い時期だったのか(?)大きなスーツケースを持った人々が大量に。荷物置き場は争奪戦。私の車両にも、この車両ではない人たちが自分の車両に置けない荷物を置きにきて、もう置き場がない事態に。幸い、私たちの席の後ろに荷物を置くのに十分なスペースがあったため、小さなスーツケース+ベビーカーも収納できました。

f:id:great_journey:20170816033848j:image

車内の電光掲示板にはオムツ替えができるトイレの案内が出ていました。10時台の電車は、まだ午前のお昼寝をする0歳の我が子には心地よい揺れだったようで、ほとんど寝ていました。小さなお子さん連れには、午前発の電車旅行、オススメです。

f:id:great_journey:20170816033851j:image

 

ディジョンで行きたかったレストラン

今回のホテルはSPGのVertigo。ディジョン駅から徒歩10分もかかりません。"デザイン"ホテルだそうで、まぁ色々びっくり。ホテルについては別記事にて。

お昼前の到着だったため、チェックインして荷物を置き、恒例の「フロントでマップをもらいオススメのレストランを確認」。普段はTripAdviorでレストランは調べていくんですけどね。今回はこれといったものがなかった&お目当の日本人シェフのお店が休みだったため、フロントスタッフに聞きました。

 

行きたかったレストランは、高橋創シェフの「Restaurant SO」。またディジョンへ行く機会があればぜひ行ってみたいです。

www.tsuji.ac.jp

www.tripadvisor.jp

 

ランチが美味しかったレストラン

SOがお休みなので、フロントスタッフから2つお店を教えてもらいました。そのうち、「伝統的な料理を提供する」というL'Épicerie et Cieというお店に決めました。エミールゾラ(Emile Zola)という噴水がある広場の一角にあります。ここは多くのレストランが軒を連ねるので、迷ったらここに来れば様々な料理が選べて良さそうです。

f:id:great_journey:20170816033947j:image

L'Épicerie et Cieはこちら↓オススメはもちろんテラス席。店内もすごく広いので、外がいっぱいでも入れないことはなさそう。

f:id:great_journey:20170816034001j:image

f:id:great_journey:20171006181406j:image

メニューは店員さんオススメの中から、「エスカルゴ料理」「牛肉の煮込み」「鴨肉」を。エスカルゴは定番の"焼き"かと思いきや、クラムチャウダー風の料理。ワインは地元ブルゴーニュの赤ワインを。この料理がどれも本当に美味しかった!しかも値段がお手頃。このお店、本当にオススメです。店員さんはみんな気さくで、メニューの相談から食事中に声かけのほか、基本女性にしかニコニコしない我が子が、かまってくれた男性店員さんをいたく気に入り、彼にとびきりの笑顔を見せていました。それくらい素敵なお店でした。

f:id:great_journey:20171006181346j:imagef:id:great_journey:20171006181533j:image

 

次回続きます。