travel memo

海外生活と旅行のメモ。ANA SFC、JAL JGC、SPGマリオットレビュー メインカードはSPG amex

MENU

【東京・銀座】三越グルメ(中華、フレンチ)

スポンサーリンク

前回の松屋編に続いて三越編です。

 

 

11階 中国料理 桃谷樓 *子連れにオススメ!!

子連れで迷った時は中華へ。

こちらのお店のモットーは
「ナチュラル&ヘルシー 子供たちに安心して食べさせられる中国料理」なんだそう。

お店はそんなに広くはないのですが、ベビーカーのまま着席できるよう配置を工夫してくださったり、子どもが座れる場合はベビーカーをたたんで入口で預かってくださったりととにかく子連れに優しいです。(折り鶴をいただいたりも)

そのせいか(?)我が家が訪れた際は半分近くが子連れでした!

ランチセットは約3,000円〜、アラカルトは約2,000円〜などの価格帯です。

こちらは大人のランチセットの前菜。この後は写真を撮り忘れてしまったのですが、セットの酢豚は味・火の通りともに抜群で子どもも美味しいとよく食べました。
アラカルトで頼んだ五目麺も美味しかったです!

f:id:great_journey:20210227231208j:image

 

子どものランチセットもあり、「チャーハン、サラダ、点心、唐揚げ、ジュース」等が付いてきて味もボリュームもバランスも良く、お子様セットの満足度が一番高かったかも!美味しそうに、そして普段量をあまり食べない我が子が完食しました!!お値段は1,200円ほどだったと思います。(写真は撮り忘れ・・)

ここは銀座子連れランチで再訪したいお店のひとつです。

 

4F カジュアルフレンチ「BON BONHEUR」

グッチやサンローランなどが入るフロアにあるカフェ。

 

東京・白金を拠点とする洋菓子ブランド『ラ・メゾン白金』とフランス・リヨンのパティスリー『セバスチャン・ブイエ』のコラボレーションによるフレンチ&デセールカフェ "BON BONHEUR (ボンボヌール)" ​

"上質なカジュアル"をテーマにし、食材や季節感にこだわったショコラや焼菓子を提供する『ラ・メゾン白金』と独創的かつ芸術的なスイーツをお届けする『セバスチャン・ブイエ』による柔軟で斬新なインスピレーションを昇華した一皿一皿をゆったりとした安らぎの空間でご提供いたします。 本格的なフレンチをベースにして、身体に優しいフレンチデリから目にも鮮やかな美しいアシェットデセールまで、ボンボヌールでしか味わえないラインナップで皆さまをお待ちしております。時間を忘れるほど美味しくて、幸せなひと時を。
(出典:銀座三越 銀座ダイニング|[フレンチ&デセール]ボン ボヌール

 

メニューの一例
(ここ最近アップロードした画像がすごく粗いんですよね、、なんででしょう、、)

f:id:great_journey:20210225141124j:image


「コンプレ」よりやや量の少ない「ヴィアンド」にしました。
お腹が空いている時は物足りない量ではありますが、ワインとともに少しずつフレンチを味わうのにはうってつけのメニューでした。
f:id:great_journey:20210225141118j:image
*フランス語でヴィアンドはお肉、ポワソンはお魚(実際の発音は厳密にはこのカタカナ表記と異なりますが。日本語ってどうして外国語を聞これる通りに書かないんだろう・・)


こちらのお店は「お腹が空いた!お腹いっぱい食べたい!」というのではなく「雰囲気を味わう」には最高かなと。まぁフレンチにがっつりはあまり求めないですかね。実際フレンチはお酒とともにゆっくり味わいながらいただくと、さほど量が多くなくてもお腹いっぱいになるお料理だと思います。こういうお店は違ったりしますが、通常はバゲットがたくさん出て、フランス人はとにかくおしゃべりしながら2時間くらいかけて食事をしますから。

hitosara.com

 

12F フレンチ カフェノワゼット

以前紹介したオススメのフレンチ。三越のHPによるとこちらも「カジュアルフレンチ」だそうですが(確かにそう)、4Fのフレンチの方がよりカジュアルでした。

www.travelnomemo.com

 


「もっと気楽に食べたい」 という方には9Fがオススメ。「みのる食堂」「みのりカフェ」などがありますし、テーブル・椅子だけのスペースがあるので離乳食をこちらであげているご家族も見かけます。




おまけ

時々銀座シックスまで足を運び、地下のエノテカにてワインをいただいて帰ることも。暖かくなるこれからの季節、休憩時に冷えたワインなんて最高ですねー!

f:id:great_journey:20210225151739j:image