travel memo

海外生活と旅行のメモ。(ANA SFC修行, JAL JGC修行, SPG マリオットホテルステイなど)メインカードはspg amex

クルーズ旅行⑥ 「コスタ・デリチョーザ」レストラン事情

個人参加でよくわからなかったのでまとめました。

ツアーで参加されていると、きっとしっかり説明があるんだと思います。

 

飲み物代は別料金

全然オールインクルーシブではないです…。お水でさえも有料。日本からのフルパッケージツアーであれば本当に全てコミコミ(でも高い)だと思いますが、個人で手配する場合は別途飲み放題プランを付けないといけないのです。これが結構高い。

飲み放題プランも色々あって、「お水ペットボトル10本分」「ワイン◯杯分」「〜ユーロまでのお酒+ソフトドリンクが飲み放題」「全お酒+ソフトドリンクが飲み放題」など値段はピンキリ。完全飲み放題の場合、部屋で1人だけ付けるという選択はできないので夫婦2人分で「1人206ユーロ×2人=412ユーロ」。これだけで5万円超え。そんなに飲む?w なので我が家は飲み放題プランは付けずに都度お水、お酒を購入しました。

f:id:great_journey:20180622054537j:plain

f:id:great_journey:20180622054544j:plain

 

飲み物の持ち込み

ネットで事前に検索したところ、「ペットボトル飲料の持ち込み不可」「お土産で買ったワインを一旦預かられた」などの情報がわんさか。上記で書いた通り飲み物は水も含めて全て有料なので「安い飲料を外部で買って持ち込まれると商売にならない」からという理由も書いてあったり。ただ、どれも日本からのツアーで参加された方の情報のようでした。

実のところ、寄港地で買った水やワインを持ち込んでもセキュリティチェックで何も言われませんでしたし、他の方も手持ちで飲みながら持ち込んでいても誰も何も言われていませんでした。旅行前に届いた資料にも特に「持ち込み不可」の記載は見当たらなかったような…?日本のツアー会社だけが説明・徹底していることなんですかね?ここは正確にはわからないのでダメと言われる場合があるかもしれませんが、我々が乗った船はOKでした。

※必ず持って入れる保証はないので、持ち込みはご自分の判断でお願いいたします。

 

レストランの選択

朝昼夜と好きなところを選べますが、夕食は指定のレストランで食べる方がほとんどだったと思います。食事は基本的には無料。ただし有料メニューやその日だけの特別メニューを追加すると有料。

我が家の場合は以下で食べていました。

 

★朝食

以下2箇所に行っていました。内容は多少②がマシいいけれど、座りやすさから①に行くことが多かったです。

 

①9階のブッフェ

・パン(種類は多いが甘いパンが多い)、ハム、フルーツ

・野菜がない

・飽きる、食べたいものがない

・水、コーヒー、紅茶、ジュースが無料で飲める

・席は自由、ハイチェアあり

f:id:great_journey:20180622070024j:plain

f:id:great_journey:20180622070036j:plain

f:id:great_journey:20180622070053j:plain

f:id:great_journey:20180622070128j:plain

f:id:great_journey:20180622070144j:plain

 

②夕食と同じレストラン

・9階のメニューにプラスして少し種類が多い(同じくブッフェ)

・席はウェイターに割り振られるので時間がかかる、ブッフェまで行きづらい

・ハイチェアはあるが座席がびっしりのレストランなので運びづらく設置に時間がかかる

 

★昼食

ほとんど寄港地で食べましたが、何回かあった船内滞在時は以下で。

 

①イタリアン

・プール脇で一度だけ行われた「イタリアン」イベント

・パスタ、リゾットが数種類のみ(味はまあまあ)

・並んで自由に取れる

・その辺の空いているテーブル、椅子で食べる

・一回きりのイベントだったので他のメニューとかぶらず良かった

f:id:great_journey:20180622065614j:plain

 

②夕食と同じレストラン

・席は通されるまで待つ

・オーダー式

・食事は無料、飲み物は別料金(飲み放題プランの人は無料)

・イタリアン、フレンチなどの料理

 

★夕食は特別なので以下へ

 

夕食

夕食だけは一応レストランと入店時間が指定されています。ただしここで食べなくても全く問題なし。

時間は(クルージング申込時に選べた気がしますが)、①前半18:30〜 ②後半21:00〜 で割り振られており、変更したい場合は事前に伝えると変更できた気がします。 ※ネットを見ると同じコスタでも17:30〜、20:00〜という船があるようです。

席が決まっているので初日にウェイターに案内してもらい、翌日以降は自分たちで席へ向かいます。注文時に毎回コスタカードを提示します。

メニューは「前菜+メイン+パスタ+デザート」から選びますが、コースにこだわらず食べたいものを選べばOK。前菜2つ+デザート、などと言ったらウェイターは「え?メインは?」と言ってきますがね。

ここからは食事の一例です。青いライトで見づらいですが。

 

牛肉のカルパッチョ

f:id:great_journey:20180622070410j:plain

 

モッツァレラチーズと生ハム

f:id:great_journey:20180622070423j:plain

オニオンスープ

f:id:great_journey:20180622070434j:plain

リゾット

f:id:great_journey:20180622070455j:plain

海老の前菜

f:id:great_journey:20180621190920j:plain

タリアテッレのボロネーゼ

f:id:great_journey:20180621190932j:plain

フルーツプレート(デザート。内容は毎晩ほぼ同じ…)

f:id:great_journey:20180621190952j:plain

 

夕食の指定レストランではキッズメニューがありました。

ルームサービスでベビーフード(瓶詰め)を運んでいるのを見かけたので頼めばあるようですが、有料無料は不明です。

 

食事ははっきり言ってそんなに美味しくなかったです…。特に朝食。

 

ドレスコード

毎日配られる新聞に「今日のドレスコード(とまでは明言されていませんが)、テーマは◯◯です」と記載されています。「エレガント」などとあればみなさんドレスアップ。ですが全員ではないですし、その服装でなければレストランに入れない、ということもありませんでした。今回の船は。

エレガント、シックなどですとヨーロッパの方々は夕食だけでなく日中からドレスアップしてバーでお酒を楽しんだりしていました。年配の方もオシャレです。テーマが「白」という日もありました。さすがにそこで黒を着ていた人は浮いていましたが…。

 

次回からは寄港地編に入ります。