travel memo

海外生活と旅行の備忘録です。(ANA SFC修行, JAL JGC修行, SPGホテルステイなど)

スイス・イタリア旅行⑨ アデルボーデン、ゴンドラとハイキング

アデルボーデン2日目。ゴンドラに乗ってどこかの山頂へ行ってみることにしました。ホテルのフロントで地図がもらえるので、行き先はホテルに着いてから悩んでも問題無し。むしろ色々なルートがあって迷ってしまったので、ホテルの方にオススメを聞いたり、もらったリーフレットの写真で良さそうなところを選びました。あとは赤ちゃんがいるので、標高も気にしました。

 

赤ちゃんと高山病

スイスといえばツェルマット!のようなのですが、そのツェルマットを外した理由は標高1608mということもありました。そこからさらにどこかの展望台へ行こうとなると、けっこう高いところになるので…。高山病に関しては、スイスに子連れで旅行経験のある友人たちに聞いたところ、彼らが聞いた話では「2000メートルまで大丈夫だ」「3000メートルまで大丈夫だ」と医者によって答えがマチマチだったので、子どもに無理をさせないように高いところは避けました(避けたつもりです)。言葉がしゃべれない月齢の子では、症状が出てもわからないですしね…。

 

ゴンドラで山頂へ

前日にチェックしていたゴンドラのうち、今回目指す山へ向かうゴンドラへ。そこは15分おきに出発。15分も待っているとどんどん人が乗ってきて、早く乗らないと乗れなかったり、景色がよく見えないポジションになるところでした。ゴンドラは一気に高度をあげるので、大人で耳がツーンとしてきたら子どもには哺乳瓶で水を飲ませ、耳抜きをさせました。飛行機対策と一緒ですね。

f:id:great_journey:20170907042738j:imagef:id:great_journey:20170907042749j:image

途中、ゴンドラが止まったりもしましたが、ぐんぐん上ります。f:id:great_journey:20170907042812j:image

山頂到着!

高い山、低い山、緑の山、崖の山…。とにかく美しい。今までリゾート地、「ハワイ、バリ最高!」と思った時期もありましたが、スイスの山々は今まで見た景色で一番美しかったです。山を見て美しいと思うとは、年をとったなぁと感じました(笑)

f:id:great_journey:20170907042900j:image

f:id:great_journey:20170907042832j:image

ハイキングコースが見えたので「少し行ってみようか」くらいのノリで歩いて見ました。が、片道一時間歩いてもどこにも到着せず(汗)、潔く引き返しました。ノリで、と言いつつも足元はしっかりしたスニーカー、飲み水等は持っていたので準備は一応大丈夫でした。出発地点からは山小屋?ゴンドラ乗り場?が見え、そこを目指していたのですが、歩いたルートではそこには行けなかったようです。こういう山歩き、ハイキングには地図がないとダメですね。f:id:great_journey:20170907042918j:imagef:id:great_journey:20170907042928j:imagef:id:great_journey:20170907042947j:image

我が家は子どもを抱っこ紐で連れて行きました。途中、ベビーカーの方とすれ違いましたが、きっと大変ですよ、坂道なので。登りがね…。

 

大人だけなら自転車?も!

「ゴンドラで往復」ではなく、「行きはゴンドラで登り、帰りはこの乗り物で降りる」という方法もあります。ブレーキがあるとはいえ、かなりの距離・坂道をこれで降りるのはやや怖い気もしますが…。大人だけでの観光なら、この手もありかもしれません。乗っている人は気持ち良さそうでした!

f:id:great_journey:20170907043013j:image

ゴンドラで帰る途中、揺れが心地よくて子どもは寝てしまいました。ゴンドラはいくつか乗り継いだのですが、乗客が多いゴンドラルートはずっと動いていますし、あまり乗らないルートは15分おきの運行など様々。一番最後に乗るゴンドラは15分間隔のもので出発したばかりだったので、街歩きがてら乗らずに歩いて中心街・ホテルまで戻ろうとしたら…。坂道だらけで道はくねくね、延々着かずにとんでもなく歩く結果に。これならおとなしく15分ゴンドラを待てば良かった…。みなさまもお気をつけください。f:id:great_journey:20170907043001j:image

 

 2日目の夕食

「 連続でホテルディナーもなぁ…昨日食べたいメニューはもう食べたしなぁ」ということで、外で食べることにしました。TripAdvisorを見て決めたのがこちら。

Restaurant Alpenblick

外観はいわゆるー"バー"で、この日も外でタバコを吸いながらビールを飲んでいる男性が二人。うーん、どうなんだろう…と思いつつ入ってみると、テーブルはきちんと飾られていて雰囲気は良し。メニューはさほど多くはないものの、スープや牛肉のタルタル、ハンバーガーにパスタなど、食べたいと思うものがそこそこある。f:id:great_journey:20170918061630j:image

一部写真を撮り忘れてしまったのですが、本日のスープ(この日はカリフラワー)、牛肉のタルタルなどをオーダー。カリフラワーのスープは初めてで、どんな味だろう?と思ったら、つぶつぶがないくらいにすり潰されていて、それでいて味はしっかり、初めてだけどすごく美味しい!パンとともに、あっという間に完食。牛も美味しかったです。f:id:great_journey:20170918061634j:imagef:id:great_journey:20170918061658j:image

 

店員さんは気さくで、知り合いのお客さんに混じって和気あいあいと話していました。そして店員さん、お客さん共に我が子をよくかまってくれ、遊んでくれている間に親は食事ができました。店内だけでなく、人の雰囲気も最高のお店でした。そして、田舎町のお店の割に…と言ったら失礼ですが、味も良し。このお店、オススメです!

この日はご近所の常連さんと思われるお客さんが2組、観光客ファミリーが我々の他に1組。ハイシーズンなら混むと思うので予約必須だと思います。

 

翌日はいよいよ旅の最終地点、イタリアへと向かいます。